【25日間で3.5キロやせた!】キャベツをダイエットに活用する方法を知り-7キロ達成した話

こんにちは トミーです!

 

私は年齢と共に全くやせなくなったあげく、
老化も重なり絶望的な状態でした。

しかし、38歳の時に
筋肉の病気なったことが、
きっかけとなり

 

1年半くらいコツコツと
ダイエットを続けています。

 

「健康的にやせてキレイになりたい!」
というきっかけで始めた
ダイエットでしたが、
40歳でも−7キロに成功しました。
(25日間で3.5キロやせてた時期もありました。)

 

自分に合った正しい方法を選択する
力をつけて実践すると、
ダイエットは
より楽しいものに変わります。

 

自分に合わない辛いダイエットを
続けたあげく、リバウンド
なんて悲しすぎますよね?

 

今回は私が学んだ

キャベツダイエットの魅力と

実際に私がキャベツダイエット
の時に意識している

ダイエットを楽しむための
コツもご紹介します。

 

自分に合ったダイエットを
楽しんで成功させたい

流行りのダイエットをやっては
失敗ばかりだった自分を変えたい

 

というあなたは
最後まで読んでみてください。

 

 

私のメール講座では
効率的にやせる楽しむダイエット
についてもお伝えしていきます。

 

興味があるあなたは
登録してみてください。

 

キャベツのやせる原理

まずはキャベツがなぜやせるのかを
考えてみましょう!

キャベツの効果

1.ビタミン、ミネラルが豊富

2.食物繊維が豊富

3.イソチオシアネートが含まれる

 

1.ビタミンやミネラルが豊富

キャベツにの代表的な
ビタミン、ミネラルは

ビタミンC、K、U、葉酸、
カリウムやカルシウムなどです。

効果としては
1 )身体の成分になる
2 )代謝の促進
3 )身体の機能を調整
4 )病気の予防
5 )美容
などです。

中でもビタミンUはキャベツに
特徴的なビタミンです。
胃を保護したり、修復を助け
胃炎や胃潰瘍を予防します。

あの有名な胃薬のキャベジンにも
含まれ胃の調子を整えてくれます。

 

2.食物繊維が豊富
食物繊維の代表的な作用には

1 )血糖値の上昇をゆるやかにする

2 )便通を良くする

3 )コレステロールや脂質の吸収を
抑制する

という作用があります。

 

3.イソチオシアネートが含まれる
イソチオシアネートは
つよい抗酸化作用をもちます。

また、免疫力を高めたり、癌を予防する
など病気になりにくい身体も作ります。

キャベツはビタミン、ミネラル、
食物繊維が豊富です。

 

健康や美容にも良いから
積極的に取りたい食材ですね!

 

キャベツのダイエット効果

では、ダイエットという観点から
みていくと、

1. ビタミン、ミネラルが豊富
ビタミンやミネラルは
身体を効率的に代謝してくれるため、
やせやすい身体作りができます。

 

2.食物繊維が豊富
食物繊維が太りにくい身体を
作ってくれます

その理由を説明します。

1 )血糖値の上昇をゆるやかにする

血糖値の急激な上昇は
脂肪をためこみやすくします。
逆に血糖値のゆるやかな上昇は
脂肪をつきにくくします。

 

2 )便通を良くする

便通が良いと腸の調子も整います。
腸の調子が整うと、ダイエットを
助けてくれるやせ菌と言われる、
善玉菌を増やします。

やせ菌はやせやすい体質を作り出すため、
ダイエットに有効です。

 

3 )コレステロールや脂質の吸収を
抑制する

コレステロールや脂質を吸収しない
というのは脂肪をつけないに直結
します。

 

食物繊維はダイエットの強い味方です。

野菜、海藻、豆類、きのこ類、
精白されていない玄米、発芽米、
ライ麦パン

などを意識して取ると
食物繊維が多く取れるため
ダイエットに活用していきましょう!

 

話題のキャベツダイエットがやせる原理

また、代表的な
キャベツダイエットに

キャベツ納豆、
酢キャベツ、

湯通しキャベツ

などがあります。

 

これらのダイエットの共通点は
食事の前にキャベツをいっぱい
食べることです。

最初にキャベツを食べることにより、
血糖値の急激な上昇を抑え
脂肪を溜めにくくします。

満足感も得られるので太りやすい
食材を取る量を減らせます。

 

かみごたえもあるため、
良くかんで食べれば、満足度も高くなり、
食べすぎを抑えることにつながります。

このように
単独のキャベツでも十分ダイエット
は成功しそうですよね?

 

なぜキャベツ納豆、酢キャベツ、
湯通しキャベツダイエットが話題に
なったのかを知り、ダイエットに
活用していきましょう!

 

話題になったキャベツダイエットから
ダイエットを考える

【キャベツ納豆の原理】

発酵食品食物繊維がダイエット効果をUP

善玉菌を含む納豆などの発酵食品と
そのエサになるキャベツの食物繊維を
セットにして取ることで、
腸内環境を効率的に整え、
善玉菌であるやせ菌を増やします。

キャベツ納豆ダイエットについては
こちらの記事でも詳しくご紹介
しています。

納豆が好きすぎて毎日食べたら心も体も安定した話とお手軽納豆料理

2020年4月13日

 

 

【酢キャベツダイエットの原理】

食物繊維がダイエット効果をUP

酢に含まれる酢酸は、
腸内の酸性度を上げるため、
善玉菌が活動しやすい環境に整え
てくれます。

キャベツの食物繊維も腸内環境を
整える作用があるので、
一緒に食べるとやせ菌を効率的に
増やします。

 

 

【湯通しキャベツダイエットの原理】

湯通しキャベツは他の
キャベツダイエットとは
ちょっと違う原理でした。

 

生キャベツダイエットに対して出た
不評の声をもとに
開発された方法です。

「歯が悪いので生だとよく噛めない」
「冬だとたくさん食べられない」
「生は青臭い」

などが代表的なものです。

ゆでるとキャベツはやわらかくなり、
歯の悪い人でも楽に食べられます。

味も生キャベツの青臭さが消え、
甘みが出ます。

 

生が苦手な人にとっては
生よりずっと食べやすく、
おいしくなるのです。

 

ただし、加熱は熱に弱いため
ビタミンCやビタミンU、酵素など
が減ってしまいます。

 

しかし、熱に強い食物繊維や
イソチオシアネートは、
壊れることはありません。

各種ビタミンや酵素の減少が
気になるという人にお勧めなのが、
キャベツを湯通しして食べる方法です。

ざく切りやせん切りにしたキャベツに
お湯をサッとかければ、

長くゆでるよりも各種ビタミンや
酵素が残り、ほどよくやわらかくなって
食べやすく、手間もかかりません。

実際は生の方が栄養取れるけど、
生の欠点を補いつつ効果を出す
ことを考えています。

話題のダイエットって
やっぱりそれぞれ話題になる
理由があります。

私はこの理由を分析して理解したら、
ダイエットがより楽しくなりました。

 

私が実践しているキャベツダイエット

私が成功したキャベツダイエットの
お話をしていきます。

 

実はすごーく簡単で
本質を学んで、応用しただけです。

頑張る部分をちょっとだけ変えた
だけだから、あなたにも必ずできる
方法です。

 

私は過去に、やせたい一心で
・炭水化物抜きダイエット

・りんごダイエット

・カロリー制限ダイエット

・一食置き換えダイエット

やせるサプリ

などなど

 

様々なダイエットに挑戦して
きました。

でも、どのダイエットも
結構辛くて、、、

続かないか、リバウンドなんですよ。

 

キャベツダイエットって
素晴らしいダイエットだと
思いませんでしたか?

私もそう思います!

 

でも、キャベツだけ食べていて
理想の姿を手にすることができると
思いますか?

 

まずはダイエットの本質を学ぶ事が
大切です。

ダイエットを成功させるために
1番重要なのは食事です。

運動だけ頑張ってやせるのは
本当に大変と言われています。

 

基本は
摂取カロリーく消費カロリー
なので、

もちろん食べすぎは太ります。

でも、栄養不足がやせにくい
身体を作ることも学ばなければ
いけません。

 

身体を動かすエネルギーを作り出し、
大切な肌や髪、筋肉、ホルモンなどの
原料なっているのが、

タンパク質、脂質、炭水化物質
と言われる3大栄養素なんです。

もちろん、摂取エネルギーを
消費するためにも3大栄養素から
得られるエネルギーが必要になります。

だから健康的にキレイにやせたいならば、
まずは消費カロリーを最大限にしなくては
いけません。

つまり、太りにくい
タンパク質、脂質、炭水化物の取り方を
学ぶ必要があります。

そして、摂取した3大栄養素をより
効率的に働かせるために、
ビタミン、ミネラル、食物繊維が
あるということを理解しましょう。

栄養素の役割をおさえた
やせやすい食生活を理解できれば、

やせやすい食習慣作りを簡単に
できるようになるんです。

 

つまり、ダイエットの本質に沿った
食事法を自分で考えて実践できる
ようになれるのです。

 

わたしのブログでも効率的にやせる

PFC(タンパク質、脂質、炭水化物 )
バランスについてご紹介しています。
気になるあなたは読んでみてください。

正しいPFCバランス計算法を理解して健康やせ体質を手に入れる方法

2020年6月14日

 

話題のダイエットは
ダイエットの本質が理解できてから、
取り入れることをおすすめします。

 

私はキャベツダイエットの本質を知り、

キャベツの味噌汁に酢をちょっと
入れたらダイエットに良さそう

コンビニで売っているカットキャベツを
ごはん前に食べたら良さそう

納豆と食物繊維が多い野菜を
使った料理をクックパッドで
探してみようかな

など

 

本質を満たすダイエットが
効率的と考えられるようになりました。

 

食前にキャベツを毎日食べても
美味しく続けられるなら、
問題ないと思います。

 

ただ、いくら美味しくても、
「毎日食べてたら飽きちゃった…」
なんてことは起こりがちです。

 

そんな時は
湯通しキャベツダイエットの考え方
のようにちょっと効果が下がったとしても
継続できる方法を探せば良いのです。

 

たとえ効果が少し下がったとしても
諦めて全くやらないより、
続ける方法を考えて実践している
未来の方が素敵じゃないですか?

 

将来ダイエットが成功している
可能性だって確実に高くなります。

 

自分に合った
続けられそうな方法を実践すると
バリエーションも増え楽しくなります。

 

必ずこの方法を行わなくては、
成功できないという
過去の私のような考え方では
辛くて続きません。

 

ダイエットは
なりたい自分になるための手段です。

 

結局は
自分を高めていけるような、
ダイエット習慣を
作ることが大切なんです。

 

今すぐやせるダイエット
ばかり挑戦して、全くやせなかったり、
リバウンドをする…
なんてこと繰り返したくないですよね?

 

本質をとらえたダイエットは
お金や時間かけても最初に
学んだ方が効率的です。

 

だって、一生太らない身体が
手に入るんですよ!

そして学んだことは
必ず続けてくださいね。

 

どんないいこと知っていても、
行動しないと変わらないんです。

ダイエットじゃなくても、
続けられる自分ってなんか自信に
つながったり、好きになりませんか?

 

これが良いループになって、
自分に自信がついて
ダイエットが楽しくなってきます。

 

挑戦して得られることって、
本当にいっぱいあるんです。

むしろ自分の価値観が広がるから、
うまくいかないことも心の財産になります。

 

それでも一切価値観変わらない、
成長しないって思ったら
その時に考えれば良いんです。

結果がなかなか出なくても、
楽しいと思えるダイエット習慣は
成長があり確実に成功に近づきます。

だから、私と一緒に
成功するまであきらめない
あなたに成長しましょう!

 

まとめ

・ダイエットは最初に
本質を学ぶことが大切

・本質を学べば自分に合った
ダイエットはいくらでもできる

・挑戦し続ければ自分にあう
真のダイエット習慣を手に入れる
ことができる。

 

ダイエットの本質を学んで実践する時に、
自分としっかり向き合うことは大切です。

 

あなたが

どんなことで心が満たされるのか?

何が楽しいと感じるのか?

どのくらいの頻度だと辛くないのか?

などは実践してみて
初めてわかるものです。

 

あなたの身体や心に正直になって、
止めないことを決めることができれば、
絶対になりたい自分に
近づくことができます!

 

本質を学び、実践し続けることは、
すぐに結果が出る簡単な方法
ではないけれど、

 

圧倒的に大きな結果を出せる確率は
上がるので、

 

なりたい自分に向かい
一緒に成長して素敵な女性に
なりましょうね!

 

効率的にダイエットを成功させる方法とは?

私は40歳の時に正しく努力して
-7㌔のダイエットに成功しました。

なぜ痩せれたのかといえば
効率的なダイエット法を知ったからです。

しかし38歳のときには
ダイエットで顔がたるみ、
ちょっと食べるとすぐリバウンド、
ガラスに映った自分が、
もう疲れ切った太めのおばさんにしか見えなくて、
自分の顔を鏡で見るのが怖くなりました…。

年齢には逆らえないかな、、、と絶望しました。

上手くいかなかったときの自分がみても
「40代で-7キロなんてあり得ないですよね!?」
と驚きでいっぱいです。

結局は効率的なダイエット法さえ理解できれば、
誰でもダイエットを楽しみながら成功させることが出来る、
と確信しています。

今は年齢を重ねるごとに素敵になる女性を増やすため
990円の書籍「ダイエット工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね!

⇒期間限定「ダイエット工学」を無料で読む

最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事が面白いと思われたらシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です